マイホームを購入する!良い...

マイホームを購入する!良い土地の探し方!

マイホームを購入する!良い土地の探し方!

せっかくマイホームを建てるのであれば、予算内で少しでも条件のいい土地を選びたいものですよね。マイホームを建てる土地は不動産業者に探してもらうこともできますが、選択肢は他にもあります。

自分に適した土地は、どのようにして探せばよいのでしょうか。ここでは土地選びについて、探し方や注意点を紹介していきます。 マイホームの購入を考えている方、土地を探したい方は参考にしてください。

 

希望の土地の条件は

マイホームを建てるにあたり、いい土地を確保するのは非常に重要です。土地によって建てられる家の広さや形状も変わりますし、住み心地に直結するといっても言い過ぎではありません。

皆さんにとって「いい土地」とはどのような土地でしょうか。人によって土地に求めるものは変わるため「いい土地」の定義は住人によって異なります。そのためマイホームの土地選びでは、最初に自分にとっての「いい土地」の条件を洗い出す必要があります。 いきなり土地に求めるもの、と言われても困ってしまうかもしれません。例を挙げると、住宅用地に求める条件としては以下のようなものがあります。

・面積のわりに価格が安い
・犯罪が少なく子供を安心して育てられる
・駅や公共施設へのアクセスがいい
・自然災害に強い立地にある
・大きな道路にアクセスしやすく車の出入りが楽
・日当たりがいい

まずは、自分が家を建てたあとの生活をイメージし、どんな点を優先したいかを考えて、条件を洗い出してみてください。予算の都合もありますので、条件に優先順位をつけておくと実際に土地を検討する際にスムーズに決められます。

 

 

土地の探し方

ネットで探す

インターネットを利用して、販売中の土地をチェックしてみましょう。不動産業者の販売サイトが多くあり、土地だけで売られている物件も多く掲載されています。 不動産情報サイトのメリットは、価格や条件に応じて絞り込みがしやすいことです。希望にあった土地が手軽に見つかります。また、複数の土地を一覧で表示できるため、比較検討しやすいのも嬉しい点です。 一方、サイトに掲載されている情報しか確認できないため、周辺環境や土地の状態が分かりにくいのが難点です。

一度にたくさんの土地を比較できる一方、掲載されている情報だけで物件を決定してしまうのは早いといえるでしょう。あくまで候補の絞り込み程度に利用し、即決してしまわないよう気をつけてください。

 

 

不動産屋で相談する

土地の仲介をおこなっている不動産業者に相談してみるのも一つの方法です。土地を商品として取り扱っている性質上、物件に関する情報を豊富に持っており、希望に応じた土地をリストアップしてくれます。

仲介業者は土地のプロなので、頼めば土地に欠陥がないかなど重要事項の説明はしてくれます。しかし「災害の被害を受けやすい土地である」「地盤がゆるくすぐには住宅地として使えない」など、隠れた問題までは把握していないこともあるのです。 しかしそこは建物を建てる前に地盤調査を行うことで、その土地の状態は把握できます。また状況によっては地盤改良や地中の残留物の撤去が必要になる場合もあります。

細かくは話が進んでからでないとわからない内容もありますのでその点は理解しておいたほうが良いと思います。

 

自分の足で希望エリアを見る

希望のエリアが決まっているのであれば、実際に足を運んで土地を探してみるのも良い方法です。希望先エリアを自分の目で見るのは、周辺状況の確認になります。 また、インターネットに公開されていない売地や空地は意外に多く、掘り出し物が見つかることもあります。
土地に「売地」の看板が出ている場合、土地の持ち主や仲介している不動産業者の連絡先が記載されていますので、気になる場合は一度話を聞いてみてもよいでしょう。 空地や空き家で特に看板が立っていない物件でも、持ち主が「放置している土地だが売れるなら売りたい」と考えている場合があるので、連絡をとれれば安く売ってくれることもあります。 空地の持ち主を調べるには、仲介を依頼したい不動産業者に相談してみるのがおすすめです。法務局に行って自分で調査することもできますが、手続きが少々煩雑なのでまずは業者に連絡をとってみてください。

 

実際に土地探しを始める際は、いくつかおさえておきたいポイントがあります。土地探しの注意点を2点見ていきましょう。


 

 

土地を探すときの注意点

 

土地の相場の調べ方

土地を選ぶエリアが決まっているのであれば、土地の相場を調べておきましょう。土地の価格はエリアによって違うため、相場によっては予算でどの程度の広さの土地が買えるか異なるからです。 土地の相場はインターネットで調べることができます。代表的なのは、不動産情報サイトで売り出されている土地を確認する方法です。

似た条件の土地から、だいたいの坪単価を算定できます。 また、国土交通省が公開している土地総合情報システムも利用できます。過去の不動産取引データを一般公開しており、どんな取引がおこなわれたかの履歴や、公示価格(国が評価した土地の価格)を閲覧することができます。 市区町村単位での絞り込み検索が可能なので、近隣の土地や似た条件の土地の相場を調べることも可能です。ぜひ参考にしてください。


現地でチェックするべきポイント

現地の見学は、不動産広告などからは分からない情報を得るチャンスです。購入の可否を判断するために、いくつか注意して見ておきたいポイントがあります。たとえば、以下のような点は必ず確認しておきましょう。

・道に十分な幅があり建築用の車両が入れるか
・幅4m以上の土地に2m以上接道しているか(接道義務を果たしているか)
・近隣の家と密接しているなど不安な点はないか
・騒音や日当たりなど住み心地は良さそうか
・周囲との高低差はないか(低地にあり雨水が流れ込んでこないか)
・水場や山のふもとなど地盤のゆるい立地ではないか

現地に向かう際は、チェックしたいポイントをあらかじめメモしておくことがおすすめです。確認内容を書き込み、あとで検討する際に思い出せるようにしておきましょう。スマホなどで写真も撮影しておくとより確実です。

 

より良い土地を見つけるためにはある程度努力したほうが良いですね。

戻る