堺市で不動産売却を業者に依...

堺市で不動産売却を業者に依頼!「仲介」と「買取」で異なる費用や買主

堺市で不動産売却を業者に依頼!「仲介」と「買取」で異なる費用や買主

堺市で不動産売却を業者に依頼!「仲介」と「買取」で異なる費用や買主

相続・空き家・転勤・入学など、不動産売却をお考えになる理由は、お客様それぞれ異なります。そのため、「自分の場合、最初に知っておくべきことはなにか」と悩まれる方も多いのではないでしょうか。

そのような場合は、まずは不動産売却で共通する基礎知識を知っておきましょう。その一つが、「不動産売却の方法」です。

 

①不動産売却の方法は、3つ

・仲介(仲介売却)
・買取(不動産買取)
・個人間売買

不動産売却で一般的な方法として、「仲介」と「買取」の2つがあります。どちらも、不動産会社を利用する方法ですが、売却までの流れや契約方法などがそれぞれ異なります。

仲介

売り主が不動産会社に依頼し、不動産会社が買い主を探す方法です。
売り主と不動産会社との間で、「媒介契約」を締結し、不動産会社は、自社に登録されている情報や不動産ポータルサイトといったインターネット上のツール、折込チラシなどで購入希望者を募ります。
希望者が現れたら、不動産会社は売り主の代わりに、購入希望者と条件面でのやりとりをおこないます。契約が成立すれば、売り主は不動産会社に仲介手数料を支払います。

買取

売り主が不動産を直接、不動産会社に売却する方法です。
不動産会社に査定を依頼し、提示された買取価格や契約条件に売り主が合意すれば、売り主と不動産会社との間で、「売買契約」を締結し、不動産会社がその不動産を買取します。

個人間売買

売り主が、不動産会社を利用せずに自身で直接買い主へ売却する方法です。個人間売買では、仲介手数料は必要なく、費用が安く済みます。
一方、不動産に関する資料や売買契約書などをすべて売り主自身で準備する必要があります。 そのため、法律の知識を持つ者同士でないと後々トラブルが生じる可能性が高い方法ともいえます。

②仲介と買取で違う点

・買い主
・売却までの期間
・売却価格

「仲介」と「買取」は、どちらも不動産会社を利用しますが、売却までの期間や価格が異なります。

買い主

仲介の場合、買い主はほとんどが個人のお客様となります。買取の場合は、不動産会社です。
多くの場合、仲介では買い主が住居目的で購入します。一方、買取では、例えば住宅を不動産会社が解体して更地や新築マンションにするなど用途はさまざまです。

売却までの期間

仲介では、査定から売却までの期間は早くて3ヶ月、場合によっては1年以上かかる場合があります。それは、買い主を探すための募集期間、契約条件の折衝期間が必要だからです。
一方、買取では、査定から1ヶ月以内で売却できる場合もあります。不動産会社が直接買い主となるため、売買契約を締結すれば短期間で現金化が可能です。

売却価格

仲介は、不動産会社は3ヵ月後に売却できることを想定した査定価格を提示しますが、売主が売却価格を希望できます。市場の相場価格で売却しやすいのも仲介の特徴です。
買取は、仲介よりも売却価格が低くなる場合が多いです。

③どの方法が自分に合っているか

売り主側からみた「仲介」「買取」のメリット・デメリットをまとめてみましょう。

  仲介 買取
メリット ・売却価格を自分で設定できる ・短期間で現金化が可能
・仲介手数料が不要
デメリット ・売却までの日数が長い
・仲介手数料が必要
・売却価格が相場より安い
・買取できない場合がある

今回は、「不動産売却の方法」についてご紹介してきました。お客様にとって、どの売却方法が最適かは、お客様のご事情・お持ちの不動産だけでなく、市場の情勢、そしてなにより地域の事情によっても異なります。

堺市北区で不動産売却を手がけるスムーズホームは、お客様それぞれの状況に応じた対応をさせて頂きます。堺市で不動産売却をお考えの方は、ぜひご相談ください。

ご相談は無料です!お気軽にお問い合わせください。

戻る