相続でお悩みの方
(空き家・土地)・
任意売却

相続でお悩みの方(空き家・土地)・任意売却

  • TOP
  • 相続でお悩みの方(空き家・土地)・任意売却

空き家や土地の相続と
任意売却について

土地や家などの不動産を相続したものの、活用できず放置しているという方もいるのではないでしょうか。堺市の不動産を扱う「株式会社スムーズホーム」では、使い道がない空き家や土地などの売却にも対応しております。空き家を放置するのはリスクも伴いますので、ぜひ売却をご検討ください。

また、弊社では住宅ローンの支払いができなくなったときに活用できる、「任意売却」にも対応しています。任意売却なら、不動産を競売にかけられてしまう前に、市場価格に近い金額で売却することも可能です。

相続の前に
チェックしておくべきポイント

財産を受け継ぐことから、相続の際にはトラブルが起こりやすいものです。まずは相続の際にトラブルを防ぐために、事前にチェックしておくべきポイントをご案内します。

相続するものは何? 不動産は誰が受け継ぎますか?
「相続」と聞くと、現金や不動産などを受け継ぐイメージが強いかもしれません。しかし、実際にはそれ以外にも借金などの負債や権利などが含まれています。正しい相続手続きを行うためにも、何がご自身の相続財産になるのか把握しておきましょう。 空き家や土地などを売却できるのは、相続人だけになります。ただし、自分が相続人だと思っていたものの、実は別の方が指定されていたという問題も少なくありません。実際に遺産を受け継ぐ相続人が誰なのかという点は、事前に当事者たちで決めておく必要があるでしょう。
分配の割合は考えていますか? 相続税を支払うことはできますか?
相続時のトラブルとして特に多いのが、遺産の分配についてです。遺産の分配は、法定相続人や法定相続分に従って行うことになっています。ただし、現金のような分けられるものとは異なり、土地や建物のような不動産は分配方法も複雑になりがちなので、注意が必要です。 不動産を相続した場合、相続したものに対応した相続税を払わなければなりません。もしも、使い道がなく放置している空き家が都市部のような立地にあった場合、使用の有無にかかわらず評価額に合わせた高額な相続税が発生するケースもあります。

使わない空き家は
売却したほうが得です

空き家を使用しないまま放置していると、悪影響は家屋がどんどん劣化してくるだけにとどまりません。誰が侵入しても把握できない状態になり、最悪の場合は犯罪に利用されてしまうリスクも考えられます。また、近年では倒壊の危険があるような状態の空き家に対して、特別な措置が取られるようになり、リスクはより大きくなっていると考えていいでしょう。使わなくなった空き家は、できるだけ売却の検討をおすすめします。

無駄なお金を払う必要が
なくなります

無駄なお金を払う必要がなくなります

たとえ無人で誰も使ってもいない物件であっても、空き家を所持しているというだけで固定資産税は発生します。しかも、土地の評価額が高い場合は、たとえ建物にはまったく価値がなくても、高額な固定資産税が発生してしまうでしょう。

さらに、その空き家の劣化が進んで倒壊の危険性があったり、衛生的に問題があったりする場合は、税金が約5倍になる可能性もあるのです。そうした問題が起こる前に空き家を売却しておけば、高い固定資産税を払う必要はなくなります。

常に発生する維持費がかかりません

常に発生する維持費がかかりません

建物は、誰も住まない状態が続くと劣化が進み、いずれ倒壊してしまいます。空き家を放置していると、壁・天井・屋根などが崩れて、通行人が巻き込まれてしまう可能性もあるのです。そうした場合、損害賠償を支払うのはちゃんと管理をしていなかった空き家の所有者になってしまいます。劣化を防ぐには、不動産の管理を専門家に任せて維持費を支払い続けるしかないのです。

空き家を売却してしまえばこうした維持費は一切かからないのに加え、所有者ではなくなるため万が一の倒壊があった場合でも、責任を問われる心配はありません。

解体費用について
考える必要がなくなります

解体費用について考える必要がなくなります

ボロボロな状態の家が、そのまま放置されているのを目にしたことはないでしょうか? これまでは空き家がどれだけ劣化していても、所有者が解体しなければそのまま放置されるのが普通でした。しかし、現在では危険な空き家は行政代執行によって強制的に解体されるようになってきています。

強制的に解体された場合、解体費用を請求されるのは所有者です。もしも支払えない場合は、財産を差し押さえられてしまうケースもあります。空き家を売却しておけば、解体費用について心配する必要もなくなるでしょう。

空き家の管理も対応します

堺市の不動産を扱う「スムーズホーム」では、空き家を管理しきれない所有者様に代わって管理業務を行うサービスに対応しています。

基本サービス
(敷地・建物外部チェック)
月1回プラン 4,000円/月(税抜き)
月2回プラン 6,000円/月(税抜き)
スポットプラン(1回) 5,000円(税抜き)
敷地内チェック 植木・雑草のチェック 近隣の情報チェック
不審者などの侵入や不法投棄などがないか確認し、異常があった場合には報告します。 庭の植木や雑草の状況をチェックして報告します。 空き家の近隣の情報を確認し、必要に応じてお知らせします。
建物外部チェック ポストのチェック 簡易清掃 巡回報告書の送付
建物の外部に破損や侵入の形跡などがないか、チェックして報告します。 必要と思われる郵便物を回収してお届けするほか、不要な広告などは処分します。 空き家敷地内の清掃やゴミ拾いなどを行います。 項目ごとに、写真をつけた巡回結果を送付します。
建物内部チェック
月1回プラン 5,000円/月(税抜き)
月2回プラン 10,000円/月(税抜き)
スポットプラン(1回) 10,000円(税抜き)
通風 簡易清掃
空気の入れ替えを行うため、一定の時間全室を開放します。 簡単な掃き掃除などを実施します。
雨漏りチェック 通水
天井だけでなく、押し入れなども含めて雨漏りをチェックします。 水栓を開放して、サビなどの付着を防ぎます。
オプション(別途お見積もり)
庭の枝切り・草刈り 物件の賃貸。売却相談
浄化槽清掃依頼 ハウスクリーニング
害虫駆除 不要品の処分
エアコン清掃 補修箇所の工事

いらなくなった土地を
売却するときのポイント

対象となる土地の価値を
知りましょう

対象となる土地の価値を知りましょう

いくら大切な土地でも、価格設定を高くしすぎると買い手はつきません。まずは不動産会社に査定額を出してもらい、地域の土地の相場とご自身の希望も考慮しながら、適切な土地の価値を確認しておきましょう。

査定額を出してもらった場合、その価格で売らなければならないと思ってしまう方もいらっしゃいます。しかし、不動産会社が出す査定額は、あくまでも不動産会社が「この価格なら売却できる」と判断した数字であり、絶対にその価格で売らなければならないわけではありません。

複数の会社で査定を依頼しましょう

複数の会社で査定を依頼しましょう

地域に密着している不動産会社は、地域の特性に合わせた販売活動や提案ができます。まずは複数の不動産会社に査定を依頼し、専門家の視点から見た査定額を出してもらうのが大切です。そのうえで、売り主様自身の考え方に寄り添った提案をしてくれたり、わかりやすい説明をしてくれたりといった、心遣いができる会社を選びましょう。

最終的に不動産の売却を行うのは不動産会社となります。そのため、会社が売り主様にとっての「パートナー」として、考えをくんで売却してくれるのかどうかを判断することが、とても大切です。

土地をできるだけ
キレイにしましょう

土地をできるだけキレイにしましょう

空き家は放置していると、雑草が伸び放題になっていたり、庭に粗大ゴミなどが放置されていたり、植木の枝が隣家にまでかかっていたりといった状態になってしまいがちです。しかし、買い主様から見ると、こうした問題があるだけでも土地の印象は大幅に悪くなってしまいます。

土地を売却する際には、まずは買い手の立場になってチェックするのが大切です。できる限りキレイな状態にしたうえで、売却を開始することをおすすめします。

どうしても家を売らないといけなくなった場合の任意売却とは

一戸建て住宅やマンションなどの不動産を購入する際は、住宅ローンなどを利用するケースがほとんどです。住宅ローンを使用すると「抵当権」という、ローンの返済が滞った場合に土地や建物を担保にできる権利がつけられます。そのため、住宅ローンが支払えない状態になると、金融機関によって不動産が差し押さえられ、競売にかけられてしまうのです。

競売にかけられた不動産は、市場価格よりも大幅に価格が低下する傾向にあるため、まだ不動産を所有しているうちに売却しなければ、大きな損害になってしまうのは避けられません。「任意売却」は、そんな競売にかけられる前に専門業者によって、市場価格に近い価格で不動産を売却することができる方法です。

任意売却と競売の違い

任意売却 競売
売買価格 価格は多少下がる傾向にあるものの、比較的時価に近い価格で売却できます。 裁判所によって時価の約70%に決められ、入札はさらに20%下回る価格からになります。
剰余金 買い主様との交渉次第で、引っ越し費用や生活費用として手元にお金を残せる可能性があります。 不動産の売却代金はすべて債権者への支払いに充てられ、手元には一切残りません。
引っ越し 住まいが決まらない場合は、売却後の引っ越し時期など、ある程度希望を聞いてもらえます。 落札者の都合によっては、強制退去させられることもあります。
残債務 不動産会社のサポートを受けて、金融機関と交渉することができます。 返済方法の話し合いはできず、残責務は自分で処理する必要があります。
プライバシー 近隣の住人に知られることはありません。 物件が新聞やチラシに掲載されるため、近隣の方に知られる可能性があります。
生活再建 負担は軽くなるため、生活を立て直しやすくなります。 負担が大きいため、再建までに時間がかかります。

任意売却できる期間は決まっています

滞納の時期 状況 任意売却の可否
ローン滞納前 住宅ローンの支払いが厳しくなってきます。 可能
ローン滞納3カ月以内 滞納が続き、金融機関から督促状が届きます。 可能
ローン滞納4カ月以内 競売開始の通知が届いてしまいます。 可能
ローン滞納5カ月以上 競売の準備がはじまってしまいます。 可能
それ以降 競売が開始され、立ち退きとなります。 不可能