なるべく早く売りたい
(不動産買取)

なるべく早く売りたい(不動産買取)

売却にスピードを求めるなら「不動産買取」

急ぎの事情があり、所有している不動産をできるだけ早く売却したい場合は、「不動産買取」がおすすめです。不動産買取は、不動産会社が物件や土地を直接購入する方法を指します。仲介売却は買い主様さえ見つかれば高く売ることができますが、売れるまでにどうしても時間がかかってしまうのがデメリットです。その点、不動産買取は買い主様を探す必要がないため、時間はほとんど発生しません。

堺市の不動産を扱う「株式会社スムーズホーム」では、スピード重視で不動産を売却したい方に向けた「不動産買取」に対応しています。

不動産買取は家や土地を
すぐ売りたいときに有効

不動産買取は家や土地をすぐ売りたいときに有効

売り主様が所有している不動産を、迅速に売却したい場合におすすめの方法が「不動産買取」です。不動産を売却するだけなら、より高く売れる可能性が高い「仲介売却」や住宅ローンを支払えなくなった場合の「任意売却」がありますが、どちらも売却までに短くない時間が発生してしまいます。

不動産買取のもっとも大きなメリットは、買い主が不動産会社になるため販売活動などを実施する必要がないことです。不動産売却の過程においてもっとも時間がかかる作業がなくなるため、必然的にもっとも早く売却できる方法となります。

スピードが速いのと引き換えに、仲介売却と比較すると売却価格は下がる傾向にありますが、とにかく早く不動産を現金化するのであれば、最適な方法といえるでしょう。

不動産買取を選択する理由
1.なんといっても仲介手数料がかかりません 2.短い期間での現金受け取りが可能 3.瑕疵担保責任が免除されます
仲介売却で不動産を売却した場合、売却が成功すると不動産会社に成功報酬として仲介手数料を支払う必要があります。それに対して不動産買取の場合は不動産会社が買い主になるため、当然「仲介」の手数料は発生しません。 仲介売却や任意売却の場合は、条件に合った買い主様が見つからない限り、不動産の現金化はできません。不動産買取の場合は不動産会社がそのまま買い主になるため、販売活動をしないまま不動産の現金化ができます。 不動産を売却したあとで問題が発生すると、瑕疵担保責任によって売り主様が責任を追及されるケースがあります。しかし、不動産買取を選択した場合、一般的な売却のような瑕疵担保責任は免除されるので、万が一の場合でもあとから責任を追及される心配はありません。
4.内覧の必要がありません 5.売れない物件が買取対象になる場合もあります
仲介売却などを選択する場合は、条件に合う買い主様を探すために内覧などを積極的に行う必要があるので、本人だけでなく家族にもストレスがかかってしまうでしょう。不動産買取の場合は、内覧を実施する必要がないまま売却できるので、手間がかかりません。 条件が悪く、仲介売却などでは買い主様が見つかる可能性がほとんどないような不動産でも、不動産買取であれば対象になる可能性があります。買い主様が見つかる可能性がないと判断した場合などは、有効な選択肢です。

基本的な不動産買取の流れ

【1】売却相談
不動産売却に必要な費用や税金、おおよその売却額などを不動産会社に相談します。不動産買取を選択される場合は、仲介売却とどのように違うのか詳しい説明を受けられるでしょう。
【2】買取価格の提示
不動産会社に不動産を直接購入してもらう場合の価格を提示します。仲介売却のような媒介契約を結ぶ必要はないため、仲介手数料などは一切発生しません。
【3】買取契約
不動産買取の内容について十分にご説明し、ご納得いただけましたら契約締結です。契約を締結したら、売り主様のご都合に合わせて引き渡し時期などを決めていきます。
【4】お支払い/引き渡し
契約完了後、不動産の代金をお支払いします。また、引き渡しのスケジュールに沿って引き渡しも行います。