不動産の売却を
ご検討されている方へ

不動産の売却をご検討されている方へ

不動産売却を
成功させるポイント

不動産売却は、大切な不動産を高額で取引するという人生においてもめったにない大きな売買です。ほとんどの方は不動産売却の経験がないので、不安を抱えてしまうものかもしれません。

ここでは、堺市の北区・南区を中心としたエリアで不動産売却をサポートしている不動産会社「株式会社スムーズホーム」が、大切な不動産の売却で成功するための考え方や、不動産会社の選び方をご紹介しています。これから不動産の売却を予定されている方は、ぜひご参考ください。

家や土地を売却する際の考え方

周辺地域の相場を調べましょう

周辺地域の相場を調べましょう

どんなものであれ、売買をする際は「相場」を把握しておくべきですが、それは不動産であっても同じです。相場を知らなければ、設定した売値が妥当かどうかを判断できません。

不動産は条件によって価格が変わるものではありますが、エリアごとに価格帯の相場は存在します。まずは、売却を予定している物件を含めた周辺の相場を調べてみましょう。相場を基準にして価格を設定すれば、売却できる可能性は高まります。

価格について多角的に考えましょう

価格について多角的に考えましょう

不動産は立地条件や周辺の環境変化によって、価格も大きく変わってきます。加えて、季節などの時期によっても相場は動くため、不動産売却はさまざまな条件を考えたうえで行わなければなりません。まずは地域の相場を基準にしながら、多角的に価格について考えておきましょう。

それには、不動産会社のような専門家からのアドバイスやインターネットでの検索など、可能な限り幅広いデータを収集しておくことが大切です。

不動産のいいところ
悪いところをまとめましょう

不動産のいいところ悪いところをまとめましょう

所有している不動産を売却するなら、誰でも高い価格で売りたいものです。しかし、買い主様から見て魅力的でなければ、不動産を希望額で売れる可能性は少ないでしょう。買い主様の立場になり、冷静に不動産を見つめ直してみると、積極的にアピールすべきポイントとマイナスになるようなポイントも見つかってくるはずです。

まずは、売却したい不動産周辺地域の特徴・買い物・交通などの利便性・建物の広さや間取りなどを、より客観的に分析してみましょう。いいところ、悪いところが把握できれば、自然と適切な売り方も見えてきます。

買う側の気持ちも考えながら、
価格を設定しましょう

買う側の気持ちも考えながら、価格を設定しましょう

どんなに魅力的な不動産でも、いつまでも売れ残りの状態が続いていると「なにか問題があるのではないか?」と買い主様が感じてしまうかもしれません。

買い手が現れないにもかかわらず高額な希望売却額を提示し続けると、「売れ残り」と判断されて、相場の価格に下げたときにも売れなくなってしまうリスクがあります。売却の際にはスピードを意識して、価格設定やアピールをする必要があるのです。

売却時にかかる
費用や税金を知りましょう

契約が成立して不動産を売却する際は、仲介してくれた不動産会社に「成功報酬」として仲介手数料を支払う必要があります。その他にも、税金など不動産売却にはさまざまな費用がかかるため、事前にどんな費用が必要なのかをまとめておきましょう。

こちらでは、堺市の不動産会社「株式会社スムーズホーム」が、不動産売却を行う際にかかる費用や税金についてご案内しています。税金などについても、こちらを見てご参考にしてください。

家や土地の売却にかかる費用
仲介手数料

不動産会社に販売活動を依頼した場合、成約後に支払う成功報酬です。

【計算式】
売買価格×3%+6万円×消費税

登記費

住所などを公示するために必要な費用です。

  • 表示登記
  • 所有権保存登記
  • 所有権移転登記
  • 抵当権の設定登記 など
抵当権抹消費用(該当者のみ)

住宅ローンの抵当権を抹消するために必要な費用です。

一般的に2万円程度が相場ですが、別途司法書士費用が発生する場合もあります。

ローン返済費

住宅ローン完済の前に売却が決まった場合は、一括返済する必要があります。

また、売買前には抵当権の抹消が必要です。

証明書発行費

不動産の売買に関わるさまざまな契約を結ぶ際、証明書を発行する費用です。

  • 印鑑証明書
  • 住民票 など
引っ越し費・処分費

まだ住んでいる状態の住まいを売却する場合、引っ越し費用が必要です。

家具や家電製品を廃棄する際には、処分費もかかります。

費用に合わせて
いろんな税金もかかります
印紙税

不動産の売買価格に応じて、作成される文書に課税される税金です。

印紙代は、不動産売買契約書に記載された金額によって変わります。

登録免許税

不動産の所有権を移転する際の登記や、住宅ローンの抵当権設定登記をする際に必要な税金です。

消費税

不動産売却の場合、土地は非課税なので消費税はかかりませんが、建物には消費税が発生します。

住民税

不動産の売却価格が購入時より上回った場合に発生する税金です。

購入時と売却時の差額が税金の対象になります。

仲介手数料の仕組みを
ご存知ですか?

仲介手数料の仕組みをご存知ですか?

不動産を売却する際は、売り主様が不動産会社に依頼する形で買い主様を探してもらうのが一般的です。この際に、売り主様と不動産会とで結ぶ契約を「媒介契約」と呼びます。「仲介手数料」とは、媒介契約を結んだ不動産会社が買い主様を見つけた場合に、売り主様が不動産会社に支払う成功報酬です。

基本的に、売り主様が不動産会社に支払うのは仲介手数料のみとなります。価格査定などは無料で実施され、売却を途中でやめた場合や買い主様が見つからなかった場合は、仲介手数料を支払う必要もありません。

仲介手数料には上限があります

宅地建物取引業法によって、不動産会社が売り主様から受け取れる仲介手数料には、上限額が定められています。そのため、不動産売却成立後に不動産会社が上限額を超える仲介手数料を請求した場合は、法令違反となるため注意してください。

取引額 報酬額(税抜き)
200万円以下 取引額の5%以内
200万円以上400万円以下 取引額の4%以内
400万円以上 取引額の3%以内

不動産売却の際に
頼りになる不動産会社

不動産売却を成功させるには、不動産会社の協力が欠かせません。そのため、不動産会社を選ぶときは、慎重になる必要があります。では、どんな会社に依頼するのがいいのでしょうか? 信頼できる不動産会社のポイントを以下にまとめました。

「なぜこの金額になったのか?」
査定額の根拠を説明できる

「なぜこの金額になったのか?」査定額の根拠を説明できる

不動産会社が使用しているデータベースは、「REINS(レインズ)」という全国共通のシステムです。しかし、複数の不動産会社に査定を依頼すると、金額に差が出るケースは多々あります。差が生じる原因としては、査定で重視する項目が会社ごとに異なるという点が大きいです。

まずは見極めの方法として、査定をした担当者に査定額の根拠を詳しく聞いてみましょう。ちゃんと説明してくれるようなら、安心して任せられます。

親身になって一緒に考えてくれる

親身になって一緒に考えてくれる

担当者の発言や売却に関する提案内容をチェックして、売り主様の立場を親身になって考えてくれているのか見極めましょう。物件の資産価値だけでなく、売り主様の将来のことまで考えて提案してくれる不動産会社なら安心です。

不動産会社ごとに、不動産への考え方や重視するポイントは異なります。そのため、不動産会社のホームページなどを確認しておくこともおすすめです。

不動産売却を得意としている

不動産売却を得意としている

どんな不動産会社でも、それまで取り扱ってきた業務によって得手不得手があるものです。不動産売却に強い会社や、賃貸物件・マンション管理に強い会社など、特徴はそれぞれ異なります。

不動産売却を考えているのなら、まず不動産会社のホームページを確認して、何を得意としているのか調べてみましょう。不動産売却を得意とし、過去の売却実績も公開しているようなら安心できます。

担当者がパートナーとして
信頼できる

担当者がパートナーとして信頼できる

不動産会社の担当者は、不動産売却を成功させるためには欠かせないパートナーです。協力し合いながら売却を進めていくためにも、担当者が信頼できる人物かどうか、直接会って話をしてから判断してください。詳しく説明してくれるか、要望に応えてくれるか、「宅地建物取引主任者」がいるかなど、チェックすべきポイントはさまざまです。