なるべく高く売りたい
(仲介売却)

なるべく高く売りたい(仲介売却)

不動産をとにかく高く売るなら仲介売却を選びましょう

マンションや土地などの不動産を売却し、現金化する方法にはさまざまなものがありますが、もっともスタンダードな方法なのが「仲介売却」です。仲介売却は、売り主様と買い主様の間に不動産会社が入って売却する方法であり、高く売りやすいという大きなメリットがあります。

堺市の不動産を扱う「株式会社スムーズホーム」では、「不動産をできるだけ高く売りたい」という方のため、仲介売却に対応しています。

仲介売却は買い主様と売り主様をつなぐ方法です

仲介売却は買い主様と売り主様をつなぐ方法です

不動産を売却する方法は大きく分けて「仲介」と「買取」の2種類であり、特に一般的なのが仲介売却です。「仲介」とは、売り主様と買い主様の間を不動産会社が取り持ち、売買契約を成立させることを指します。

仲介売却を選んだ場合、不動産会社がしっかり査定をしてくれるため、専門的な知識が必要な法律や土地の条件なども踏まえた価格を算出できるのがポイントです。そのほか、手間のかかる販売活動なども丸投げできてしまうというメリットがあります。

一方で、条件に合う買い主様が見つかった場合には、売り主様は不動産会社に成功報酬として仲介手数料を支払わなければなりません。

仲介売却を選択する
メリットとは

高額で買ってくれる
買い主様を探しやすい

高額で買ってくれる買い主様を探しやすい

仲介売却では不動産会社が査定額を算出してくれますが、物件の価格自体は売り主様自身が自由に設定できます。そのため、売却を急ぐ事情がなければ、条件に合う買い主様が来るまで待つことが可能です。時間を十分にとれば、希望条件に近い売却ができる可能性が高くなります。

プロに販売活動を丸投げできる

プロに販売活動を丸投げできる

不動産を売るためには、その不動産をアピールするための販売活動が欠かせません。販売活動には時間も手間もかかるため、個人で行うのはハードルが高いといえるでしょう。仲介売却を選択すれば、成功報酬として手数料は支払わなければなりませんが、面倒な販売活動を不動産会社に丸投げできます。

資金計画や引っ越しの準備ができる

資金計画や引っ越しの準備ができる

仲介売却を選択した場合、条件次第ではありますが、売却完了までに3カ月から半年ほどかかるのが一般的です。十分な時間があるため、売却完了までの間に資金契約を立てたり引っ越しをしたりといった、事前準備を進められます。

不動産売却に役立つREINS
(レインズ)の仕組みと機能

不動産売却に役立つREINS(レインズ)の仕組みと機能

昔は不動産会社ごとに異なる情報を持っていましたが、現在では独自のネットワークによって全国の不動産情報を集め、確認することができます。そのネットワークが、不動産物件に関するコンピュータネットワークシステム「REINS(レインズ)」です。

REINSは、全国の物件情報が登録された不動産会社共通のデータベースとなっており、売り主様が売却を希望して不動産会社に依頼した物件情報は、ほとんどの場合REINSに登録されます。

不動産業者の情報はREINSのネットワークで集約されるため、以前であれば物件情報を調べるために、不動産会社を何件も回らなければなりませんでした。しかし、現在ではどの不動産会社からでも簡単に検索ができるようになっています。

仲介売却の契約方法

仲介売却には、「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」という3種類の契約方法があります。3種類の契約の特徴については、以下を見ていきましょう。

メリット デメリット
一般媒介契約 複数の不動産会社と同時に契約を結べる方法です。多くの情報を流しやすくなるため、成約の可能性も高まります。 REINSへの登録が必須ではないため検索しづらくなる可能性があるほか、立地条件によっては見てもらえないこともあります。
専任媒介契約 契約できる不動産会社は1社のみですが、責任を持って取り組んでもらえる方法です。また、自身で買い主を見つけることもできます。 不動産売却のための販売活動は、すべて契約した1社に頼ることになるので、他社のサービスは使えません。
専属専任媒介契約 契約できる不動産会社は1社のみですが、REINSへの早期登録義務があり、責任を持って取り組んでもらえる方法です。 売り主様は自分で買い主様を見つけることができず、契約した不動産会社に任せなければなりません。

【売れなかった場合でも安心の「買取保証」】

どうしても不動産が売れなかった場合に、おすすめする制度が「買取保証」です。買取保証とは、一定期間が経っても売却できなかった不動産を、不動産会社が取り決めた価格で購入してくれる制度です。不動産の条件が悪い場合などは、いつまで経っても売却が成立しない可能性もあるため、保証がついていると安心でしょう。

買取保証がついていれば、万が一買い主様が見つからなかった場合でも物件を購入してもらえるため、保険として利用が可能です。確実に売れるのは大きなメリットですが、その分買取価格は査定額を下回ってしまいます。

基本的な仲介売却の流れ

【1】相場の確認
不動産会社へ問い合わせて、売却したい不動産の無料査定を受けます。査定を受けることで、不動産の相場を確認しておきましょう。
【2】売却相談・物件調査・
価格提示(査定書提出)
不動産会社による現地調査で、売却したい不動産の状況・周辺環境・市場相場などの条件をもとに、査定価格を算出します。
【3】媒介契約の締結
仲介売却を依頼する不動産会社が決定しましたら、媒介契約を締結します。媒介契約には「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」と3種類ありますので、それぞれの特徴を確認しておきましょう。
【4】売買活動・交渉
不動産会社による販売活動や買い主様との交渉がスタート。チラシやインターネットなどを活用して、不動産の情報を流します。
【5】売買契約
売り主様の希望条件に合う価格で購入を希望される買い主様が見つかりましたら、売買契約を締結します。
【6】代金授受・物件引き渡し
設定した代金を受け取って、物件の引き渡しとなります。
【7】譲渡税の納付
物件の引き渡しが完了しましたら、譲渡税を納付して仲介売却は完了です。